毎度おひさしぶりの投稿です

年々年末感が薄れていく人生ですが

今年も全くそんな感じでございます

だがしかし、

やはり年の区切りくらいはつけておこうと思い

ブログの更新です

・・もしかして先人たちも

忙しない日々の中で

暦感がバグってきてるので

無理やりイベントを作ってるのかもね(笑)

さて、

今年は、小説家として

一歩大きく前進することができました

今年刊行した作品は2作品

下矢印 下矢印 下矢印

いずれも、デビュー版元の小学館以外からの出版で

小説家としてのドラクエ 11 カジノ フリーズの幅も大きく広がりました

さらに「あしたの名医」については

重版も重なり、なんと文学賞もいただくことができました

下矢印 下矢印 下矢印

私のデビューは、小学館「おいしい小説文庫」の

最終候補からの拾い上げからでしたので

賞には全く縁がなかったのですが

まさかという感じです

ようやく大きな一歩を踏み出した実感がありました

小説家はデビュー二作目の壁もあるし

とにかくその後が続かないケースも多いようなので

なんとか今後の活動を続けていく上の

地盤ができたのかなと思っている日々でございます

さらに来年の告知ですが、

ツイッター(X)で告知もあったのですが

下矢印 下矢印 下矢印

来年3月に

初の単行本が出版されます

この作品は、

自分が小説家になれたら

絶対に世に出したいと強く望んでいたお話なので

是非とも皆様、ご期待下さい

2023年も、もう24時間を切りました

では、来年も良いお年を!